県協会外観

トップ » 連携関係団体 » 筆記サポート「ゆうゆう」紹介ページ

筆記サポート「ゆうゆう」

設立年月日 平成8年6月8日

<入会は要約筆記の講習を受けていなくても可能です>

  

活動内容

① 要約筆記の啓発活動

啓発劇の作成・上演など

② 難聴者・中途失聴者のサポート

映画祭字幕付け、難聴者の行事のサポートなど。筆談ボード作成。

③ 筆談講座の推進


要約筆記のあれこれ

要約筆記ってなあに?

 聞こえない・聞こえにくい方のために音声情報を文字として伝える(通訳する)ものです。

要約筆記はどこで教えてくれるの?

 県立聴覚障害者センターの養成講座(前期・後期)を受けます。どなたでも受講できます。(テキスト代のみ必要)

受講した後はどうするの?

 登録要約筆記者の会に参加して学習を続け、毎年2月に行われる「全国統一要約筆記者認定試験」を受けます。
 合格したら県に登録し、要約筆記者として活動します。
 講演会、集会、学校、冠婚葬祭などで、聞こえない・聞こえにくい方へ文字通訳をします。

県内で何人くらい活動しているの?

 約40~50人です。

全国にも要約筆記をしている人はいるの?

 全国各地に活動されている方々がいます。詳しくは「NPO法人全国要約筆記問題研究会」をネット検索してくださいね。

一番上に戻る